練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 10月 31日 現在地 16.1/115.7
内容 昨日正午頃、強い陽射しがさんさんと降り注ぐ船橋甲板で当直舷学生が六分儀を南面し、太陽の正中高度を測定する。南シナ海に入ってから、うねりの周期は長くなり船体はゆっくりとローリングを繰り返しながら進む。夕方、金星、木星が船首方向に見え始め、当直舷学生は出港以来初めてのスターサイトに臨む。上空には久しぶりにベガ、デネブ、アルタイルの三角形、カシオペア、低くなった北極星が姿を現す。20時、船内時を20分遅らせる。(JST-1h)今朝未明から雨雲が全天を覆い、降ったり止んだりの空模様となる。朝の体操は大粒の雨の中で行われたが、一過性の雨雲らしく、7時過ぎには青空が覗き始める。風はほとんど無く、海面はベタ凪状態となり、白い航跡だけが目立つ。太陽が高くなるに連れて気温は上昇し、正午前には30℃に達する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NNE 北北東、風力 2 軽風
気温 30.0 度 水温 29.3 度
気圧 1014.0 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る