練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 11月 01日 現在地 16.5/111.6
内容 南下とともに陽射しが益々強く感じられ、甲板で12月早々行う延縄操業に使用する枝縄作りに精を出す非直舷学生の背中が汗でしずくが落ちるほどの染みとなる。ほとんど風はなく、水面に反射した陽光がきらきら光り、余計に暑さを増す。南シナ海のほぼ真ん中辺りを南西に航行しているが、航路に当たるためか、レーダ画面には途切れることなく、3,4隻の船が映っている。しかし目にできるのは、どこからか飛来してきたカツオトリが一羽、舳先の周囲を飛び交う光景のみ。昨日日没後、当直舷学生が薄暮の空に六分儀を向ける。船首方向にくっきりと見える木星、金星、月齢2の弓形の月が斜め直線上に並ぶ。学生は「ようい、てっ」の合図に合わせて、それぞれ数個の星の高度を測定し、位置の線を求める。20時、船内時を1時間遅らせ、Vietnam標準時とする。今朝日出頃、水平線に雲多く、日輪を確認することができず、また六分儀も収納箱から出ることなく一日が始まる。陸に近くなったためか、数羽のアジサシが本船の周囲に集まり、トビウオに狙いを定めて急降下する。9時頃には晴れ間が広がり、入港を明日に控えて浮き足立つ学生が太陽高度を測定する。11時頃、青い船体の小型延縄漁船がすぐ側を通る。デバイダーで測ると陸岸まで140マイル余り。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 E'st 東、風力 3 軟風
気温 27.9 度 水温 28.9 度
気圧 1011.7 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る