練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 11月 08日 現在地 11.0N/110.1E
内容 昨日14時5分、雨上がりのNha Trangを出港する。雨期のため停泊中、一日一度は大雨に見舞われたが、学生にとっては初めての外地ということもあり、十分楽しんだ模様。Hontre島を右舷に、市街地を左舷に見てEntrance Channelを通過して15時過ぎ、Hon Dung島を航過、針路を南にとる。翌日から開始する本校とSEAFDEC(東南アジア漁業開発センター)とで企画されたベトナム水産研究所と本校とのベトナム水域における共同漁業資源調査を実施するため、最初のCTD観測点に向かう。なお、調査のためSEAFDEC職員1名、ベトナム水産研究所専門官2名、本校海生教員2名がNha Trangから乗船している。日本気象協会からの情報によると、フィリピン西方にあった熱帯低気圧が台風19号になり、南シナ海を北西に向かっており、数日後進路を南西に変えるとのこと、今後の台風の動向が気に掛かる。20時30分頃、11.0N,109.7Eに達し、漂泊する。今朝5時前に最初の観測点に向かい、6時頃より音響調査、CTD及びXBT観測を開始する。Nha Trang停泊中は雲天、雨天の繰り返しであったが、今日は朝から好天となり、強い陽射しがさんさんと海面に降り注ぐ。今後、進路を東西及び北にとり、予め予定した観測点で調査を行うことになる。正午までに4観測点の観測を行う。学生、乗組員、その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NNE 北北東 、風力 4 和風
気温 27.3 度 水温 28.5 度
気圧 1008.2 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る