練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 11月 09日 現在地 12.0N/110.2E
内容 昨日午後、時々スコールが本船を通過して降雨をもたらすが、晴天の空模様は変わらず、青空の下での雨降りとなる。予報によると台風19号は今後24時間ほど複雑な動きをした後、ゆっくり南下するが10日以降勢力が次第に弱まるとのこと、調査に影響しないことを祈るのみ。北風10m/S、波高2m、白波が増えてきたが今のところCTD観測に支障はない。観測は順調に進み、21時前、St.10のCTD観測を終える。23時頃から風が強くなり今朝未明には13m/Sを超える。台風の影響か波高も次第に高くなり、5時過ぎには波高計の表示が5mを超える。9時頃から降ったり止んだりの空模様となり、揺れる甲板で雨具を着ての作業となる。正午までにSt.14までの観測を終える。学生、乗組員、その他乗船者全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 風向 North 北 、 風力 5 疾風
気温 25.7 度 水温 28.3 度
気圧 1009.3 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る