練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 11月 12日 現在地 15.0/109.5
内容 昨日午後、北よりの風、風力7、海況6の状態はほとんど変わらず、相変わらず船体は大きなうねりに翻弄される。船体を風に立てているため、決められた観測点に向かうことができず、ひたすら蜘ちゅうを続ける。20時過ぎ、やや風力は落ちる傾向を示してきたが、うねりは5m以上の波高を保ち、治まる気配はない。22時頃、北北東の風12m/Sほどとなり、航海日誌風力欄に数日ぶりに6と記載される。今朝6時頃、波高は4m以下となり、風速も10m/S前後となったので、明るくなるのを待って右回頭し、最も北東端に設定された観測点St.45に向かうべく針路を西南西とする。7時30分頃、St.45に到着しCTD観測を開始、その後順次残りの観測点調査を行う。学生、乗組員、その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 N'th 北、風力 5 疾風
気温 26.8 度 水温 27.6 度
気圧 1014.3 hPa 海況 5 波がやや高い
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る