練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 11月 13日 現在地 13.5/110.2
内容 昨日午後、まだ大きなうねりの残る海面をピッチング、ローリングを繰り返しながら進む。音響調査、CTD、XBT調査も順調に進み、翌日午後から生物採集調査の準備を行える見込みとなる。航海日誌の天候欄には曇天、半晴が交互に書き込まれ、風向は北東モンスーンの影響のためか、Nha Trang出港以来、連日北寄りである。予報では13日まで同じ状況が続くとのこと。20時過ぎ、久しぶりに金星が輝き、月齢14になった月の光が煌々と海面を照らす。今朝、まだ風力6だが波高は3mほどになり、やや動揺が和らぐ。昨夜、晴天となったのでしばらく続くと思われたが、日出頃は再び曇天となり、灰色の雲が広がる。9時頃、St.28でCTD観測実施中、降雨となり風も強くなり15m〜19m/Sの状態がしばらく続く。10時頃、波高が5m以上となり、風雨も次第に激しくなる中、St.27でXBT観測を行い、45点すべての観測点でのCTD・XBT観測を終える。引き続き、音響調査を行いつつ南下する。学生、乗組員、その他乗船者全員異状なし。
天候 r 雨 風向風力 風向 N'th 北、風力 7 強風
気温 25.9 度 水温 27.4 度
気圧 1011.2 hPa 海況 6 波がかなり高い
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る