練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 12月 16日 現在地 07.0S/92.8E
内容 昨日午後は数日ぶりに強い陽射しがじりじり照りつける空模様となる。上がってくる枝縄を繰る学生、ラインホーラーの前に立つ甲板員の顔に汗が光る。15時過ぎ、1000本の枝縄を取り込み、揚縄を終了する。15時30分頃よりCTD観測を行い、終了後、翌日の投縄位置に向かうため南東に針路をとる。17時30分から30分間稚魚ネットを曳航する。今朝4時頃、投縄位置に達し、南東に針路をとり投縄を始める。南十字星のαCrucisが鮮明に輝き、その下にβ及びαCentauriが水平線から立ち上がるように見える。今日は雲は少なく降雨はない模様。潮流は南赤道海流域に入域したためか、前日と打って変わって西流となり、また風向も東寄りとなる。6時30分頃、1000本の枝縄を投入し、6回目の投縄を終了する。9時30分頃、XBT観測後、揚縄を開始する。久しぶりに晴天下での揚縄であるが、正午までに、まだ漁獲なし。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SE 南東 、 風力 4 和風
気温 27.5 度 水温 28.6 度
気圧 1009.3 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る