練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 12月 17日 現在地 06.5S/93.5E
内容 昨日午後は晴天が続き、強い陽射しの中での揚縄作業となる。学生もすっかり合羽姿が板に付き、枝縄を繰る要領も身についたようである。この日はミズウオ、サメが多く、肝心のマグロがなかなか揚がらなかったが、やっと後半にメバチが数尾揚がる。16時前に揚縄を終了し、CTD観測を実施する。17時頃、針路を北東にとり、翌日の投縄位置に向かう。19時30分から30分間稚魚ネットを曳航する。今朝4時頃、投縄位置に到着し、7回目の投縄を開始する。薄雲がかかっているが昨日に引き続き、今日も好天となる模様。学生、乗組員が投縄指示器の発するブザー音に合わせて交互に枝縄投げ、枝縄のスナップを幹縄にかける作業を行う。6時20分頃、1000本の枝縄を投入し投縄を終了、縄回りを行う。XBT観測の後、9時30分頃から揚縄を開始する。うねりはほとんどなく、平穏な海面に強い陽射しが反射する。5鉢目に幸先良く、メバチがかかり銛が打ち込まれ、デッキに引き上げられる。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 ESE 東南東 、 風力 4 和風
気温 26.7 度 水温 28.7 度
気圧 1010.5 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る