練習船トップページへ
第 10 次航海
2008年 12月 24日 現在地 Benoa港/
内容 昨日午後、午前中に引き続いて船内各所の清掃を行う。15時頃、水平線を這うようにJawa島東部の山々がうっすらと見えてくる。海面はべた凪ぎ状態だが、燃油の残量が少なくなったためか、船体は多少左右に動揺する。19時頃、Bali島南端、Bukit badung燈台の灯火を視認する。20時頃には陸の灯火も見え始める。23時前、Bukit badung燈台の南島12マイル沖に達し、漂泊する。今朝6時頃、厚い雲の下に緑濃い島の一部が見えてくる。8時前、航行を開始し、水先人乗船位置に向かう。Badung海峡に入り水先人を乗船させ、狭いPelayaran水路を通過し9時40分、Benoa港岸壁に着岸する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 West 西 、 風力 2 軽風
気温 30.0 度 水温 28.3 度
気圧 1008.6 hPa 海況 1 漣(さざなみ)がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る