練習船トップページへ
第 10 次航海
2009年 01月 06日 現在地 22.8N/130.0E
内容 昨日午後、船内に爆発物が仕掛けられたという想定の下、保安操練を実施する。非直舷の乗組員、学生全員が爆発物の捜索を行い、40分後に模擬爆発物が発見され、操練を終える。正午過ぎから波高が幾分低くなり、船速も10ノット以上維持できるようになったが、依然として風力7が続く。今朝2時前から星が見え始め、明け方には灰色の雲の間に青空が覗く。気圧も次第に上がってきたが、風がなかなか治まらない。5時過ぎ、21.4N,129.8Eにて日本の排他的経済水域に入域する。6時の気象通報で沖縄北部に強風警報が発せられ、今日も強風域を北上することになる。正午前に風力6、海況5となり、黒潮の影響が伴って船速が増す。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 ENE 東北東 、 風力 6 雄風
気温 21.7 度 水温 22.9 度
気圧 1019.3 hPa 海況 5 波がやや高い
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る