練習船トップページへ
第 10 次航海
2009年 01月 07日 現在地 28.4N/131.2E
内容 昨日13時から前日同様、非直舷の乗組員、学生に対して保安操練を実施する。波高は3m程となり、船速は14ノットまで上がる。16時頃、先島群島、石垣島の遙か東沖を航過する。不鮮明ながら、BS放送が視聴可となり、一気に帰航の雰囲気が船内に漂う。上空には青空の部分が増え、北東風も10m/S以下に弱まる。20時、船内時を30分進ませ、日本標準時とする。21時頃、気温の表示が20℃以下となり、外に出ると肌寒さを感じる。今朝1時頃、全天に星が散らばり、Benoa出港以来初めて快晴となる。久しぶりに見る北極星が眩しく見える。4時頃、沖縄本島の130マイル東沖を5m/Sの北よりの風を押し返すように北上する。海面は前々日の荒天が嘘のように思えるほど平穏になる。正午頃、奄美大島の65マイル沖を航過する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 E'st 東 、 風力 3 軟風
気温 18.0 度 水温 21.6 度
気圧 1023.4 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る