練習船トップページへ
第 11 次航海
2009年 02月 06日 現在地 35.1N/139.8E
内容 昨日9時55分、第3突堤を離岸する。天気予報通り、冬の空とは思えないほど澄み切った空が広がる空模様となる。見送りの人に長音一声を残し、神戸西航路を出て船首を友ケ島水道に向ける。前方を横切る船舶を交わしながら淡路島東岸に沿って南下し、正午頃、大型船3隻に続いて友ケ島水道を通過する。友ケ島側に操業中の多くの漁船が見られ、航路上にも数隻の漁船が操業しており、注意深く避航する。13時40分頃、日ノ御埼燈台の西7マイル沖を航過し紀伊水道を通過、紀伊半島西岸に沿って南東進する。北よりの風が13m/Sと強くなり、海面には白波が目立つ。16時頃、市江埼燈台沖を航過する。この頃から風は10m/S以下となり、白波も消える。18時頃、潮岬燈台の9マイル南沖を航過、熊野灘に進み、針路を北東にとる。今朝4時頃より再び北西の風が次第に強くなり、15m/S以上となる。6時にVHFで横浜保安が関東一円に海上強風警報が発せられたことを伝える。7時頃、神子元島の8マイル南沖を航過し伊豆半島東岸沿いに航行する。夜明けと共に前日同様、快晴の空が広がる。9時30分頃、伊豆大島燈台の3.5マイル沖を航過し、相模灘に入る。浦賀水道に向かう船舶及び出航してくる船舶が次第に多くなる。11時30分頃、右舷に洲崎燈台、左舷に剣埼燈台を視認して東京湾に入る。学生、乗組員全員異状なし。
天候 b 快晴 風向風力 風向 NE 北東 、 風力 6 雄風
気温 9.5 度 水温 13.2 度
気圧 1015.2 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る