練習船トップページへ
第 11 次航海
2009年 02月 15日 現在地 34.9N/136.8E
内容 昨日9時50分、月島埠頭を離岸する。北海道付近に達した急速に発達した低気圧のため、前日から午前中にかけて突風を伴う雨天となるとのことであったが、出港時は晴天、ほとんど無風の空模様であった。レインボーブリッジを通過し、東京西航路を経て港外に出て、10時45分頃、東京沖灯浮標に至る。前日から南風が吹き続いたため、気温が17度を超え、4月中旬の気候となり、じっとしていても汗ばむほどである。11時頃、東京湾東水路を抜け、中ノ瀬の西側を航過し、正午前に浦賀水道に入り南下する。観音埼燈台を右舷に視認して12時30分頃、浦賀水道を出る。13時頃、剣埼燈台の南東3マイル沖を航過、東京湾を出て相模灘に入る。この頃から風速計が12m/S以上を示し、うねりが大きくなる。15時20分頃、伊豆大島燈台の北西6マイル沖を航過し、伊豆半島東岸に沿って南西に針路をとる。18時頃、神子元島燈台の南5マイル沖を航過、針路を西にとる。この頃から風向が西寄りになり、風速が16m/Sを越える。22時頃、御前埼の8マイル南沖を航過、遠州灘に入る。今朝1時頃、風が次第に弱まり10m/S以下となる。3時過ぎ、渥美半島の沖に達し、入港時間調整のため漂泊する。7時過ぎ、航走を開始し伊勢湾に向かう。風が北寄りとなり、昨日より10℃近く気温が下がる。9時頃、伊勢湾第1灯浮標を航過、伊良湖水道航路に進む。航路上で操業する多数の漁船を避航しながら伊良湖岬と神島の間の水道を通過し、9時20分頃、伊勢湾第3灯浮標を航過して伊勢湾に入る。その後、伊勢湾灯浮標に沿って伊勢湾を北上し、11時50分頃、名古屋港東航路を通過して港内に入り、北航路を通って12時50分、名古屋港ガーデン埠頭に着岸する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 b 快晴 風向風力 風向 SE 南東 、 風力 1 至軽風
気温 11.0 度 水温 10.3 度
気圧 1013.2 hPa 海況 1 さざなみがある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る