練習船トップページへ
第 12 次航海
2009年 04月 14日 現在地 30-45.3N/126-30.0E
内容 昨日15時30分過ぎ、4点目の観測点(St.7)において観測中、CTD観測装置にトラブルが発生、漂泊して修理を試みるが、メーカーへの問い合わせの結果、洋上修理不能であると判明、以後の観測を各観測点におけるXBT投下による観測のみとする。18時過ぎ、航走を開始、13時頃から降り始めた低気圧に伴う前線の影響による雨は小粒になったものの、時折20m/sを超える南よりの風と5mの波浪を船首に受ける航走となる。19時過ぎSt.7(29-59.5N,127-53.1E)においてXBT投下による観測を行った後、付近海域において漂泊し荒天待機とする。今朝04時30分よりSt.6(30-03.2N,127-37.7E)に向け航走を始め、06時37分、St.6よりSt.1までの各観測点におけるXBT投下による観測を開始する。08時より船尾甲板においてワープウインチから繰り出されたワープとオッターボードを連結し、コッドエンドをスリップウェイの手前まで移動させ、トロール操業の準備を行う。正午現在St.1に向け航走中。昨夜からの時化で船酔いのため嘔吐する学生が数名いたものの、次第に慣れてくるものと思われる。学生・乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 N'th 北、風力 6 雄風
気温 15.7 度 水温 14.3 度
気圧 1005.2 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る