練習船トップページへ
第 14 次航海
2009年 09月 08日 現在地 34.43N/129.55E
内容 昨日13時25分、海洋生産管理学科3年次生47名、4年次生4名(内1名は、9月18日下船)、海洋機械工学科4年次生1名、専攻科舶用機関課程学生1名、水産学研究科学生2名(1名は9月13日下船、残り1名は、9月18日下船)、指導教員1名及び(財)漁港漁場漁村技術研究所研究員1名(9月9日下船)計57名を乗船させ、大陸からの高気圧の張り出しで雲1つ無い快晴の下、下関を出港し、第14次航海に赴く。本航海は、主として海洋生産実習教擇啌ね竜ヽ実習兇膨蠅瓩蕕譴深遜を行うことのほか、卒業論文データ及び修士論文データ収集ための種々の実験・調査を行うことを目的とする。13時30分過ぎ、転流後次第に強くなる東流に逆行して、大瀬戸の手前で先行する曳船を左舷より追い越し、関門航路を西行する。14時20分過ぎ関門航路を出航、14時40分過ぎ蓋井島南約4海里沖において退船操練実施後、響灘を西北西進して対馬東水道沖の調査海域に向かう。19時30分より補助推進電動機(電機推進)に切り換え航走、20時06分よりマウンド魚礁を中心とするトランセクトライン航走による音響資源調査を開始する。本日09時30分、3往復めのライン航走を開始し、現在、音響資源調査を続行中。学生、乗組員全員異状なし。
天候 o 満天雲 風向風力 風向 NNE 北北東、風力 6 雄風
気温 22.7 度 水温 26.9 度
気圧 1005.3 hPa 海況 4 かなり波がある。
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る