練習船トップページへ
第 15 次航海
2009年 10月 25日 現在地 34.04N/130.70E
内容 出港式の力強いスタンバイの余韻が醒め遣らぬまま、本日10時20分、下関26号岸壁を離岸し、第15次航海(遠洋航海)の途に着く。関門・北九州地方は、高気圧の西の縁に当たり、また南方海上に停滞する前線の影響により、生憎の曇り空の下での出港となる。海洋生産管理学科4年次生30名、海洋機械工学科4年次生28名、計58名を乗船させ、岸壁で見送る人々にしばしの別れを告げる長音一声を発し、関門航路を西行する。航路内で操業する小型漁船を避けながら、大瀬戸を抜け、西山沖を北東に進み、竹ノ子島・六連島間を北上、11時過ぎ、関門航路を出航する。11時50分、白島沖を通過、響灘に入り、針路を南西にとる。
学生、乗組員全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 風向 ESE 東南東、風力 3 軟風
気温 19.2 度 水温 22.0 度
気圧 1018.3 hPa 海況 2 なめらか、小波がある。
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る