練習船トップページへ
第 15 次航海
2010年 01月 13日 現在地 33.96°N/130.96°E
内容 昨日12時45分、鶴御埼灯台を左舷8.5海里に見て豊後水道に入る。14時42分、速吸瀬戸を抜け、伊予灘に入る。伊予灘航路を灯浮標に沿って北西進し、姫島に至る。16時34分、姫島灯台を左舷2.1海里に見て周防灘航路に入り、針路を西にとる。17時57分、周防灘航路を抜け、入港時間調整のため部埼沖投錨予定点に向首、18時45分、部埼潮流信号所の南東5マイル沖に投錨仮泊する。付近海域に海上強風警報が発令され、強い寒気の南下により降雪が予想される。未明より降り始めた雪のため、朝別科は、気温零下1度、積雪の船尾甲板上で行われる。Malakal港出港当時と比べ約30度の温度差である。乗組員、実習生ともに震えながらの朝別科となる。11時04分、抜錨、関門海峡東口に向首、11時36分、関門航路に入る。部埼潮流信号所の信号は、西流3ノットを示す。12時20分、関門航路を出航、曳船を右舷船尾にとる。12時30分、係留索を送り、下関26号岸壁に着岸、81日間の遠洋航海、第15次航海を終了する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 風向 West 西、風力 6 雄風
気温 0.8 度 水温 11.8 度
気圧 1017.6 hPa 海況 2 なめらか、小波がある。
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る