練習船トップページへ
第 19 次航海
2010年 05月 21日 現在地 34.45°N/129.51°E
内容 昨日15時01分、昼間における狭域音響調査を終了する。16時14分、底刺網漁船「神祐丸」が右舷船尾に接舷、マウンド魚礁上に網を設置するため、指導教員1名及び漁港漁場漁村技術研究所研究員1名が、これに移乗する。17時21分、網設置を終えた底刺網漁船「神祐丸」が右舷船尾に接舷し、指導教員1名及び漁港漁場漁村技術研究所研究員1名が帰船する。18時24分より、CTDによる海洋環境調査を皮切りに、対馬マウンド魚礁を中心とする7.6海里四方の海域上0.2海里の間隔に設定したライン上を航走し、データを収集する広域音響調査(音響資源調査(海底地形探査装置、計量魚群探知機、ADCPによる、))を開始する。本日05時16分、底刺網漁船「神祐丸」が右舷船尾に接舷、マウンド魚礁上に設置した網の回収及び漁獲物の選別、2回目の網設置を行うため、指導教員1名及び漁港漁場漁村技術研究所研究員1名が再びこれに移乗する。乗船学生、乗組員その他全員異状なし。
天候 m 靄 風向風力 SSW 2
気温 18.5 度 水温 17.1 度
気圧 1013.6 hPa 海況 2 なめらか小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る