練習船トップページへ
第 20 次航海
2010年 07月 10日 現在地 35.57N/131.02E
内容 昨日15時55分、海洋機械工学科3年次学生50名、海洋生産管理学科4年次学生1名、学生総数51名、及び海洋機械工学科指導教員1名、海洋生産管理学科指導教員1名、総計53名を乗船させ、下関を出港し、第20次航海に赴く。本航海は、主として海洋機械工学科3年次学生に対する海洋機械実習を行うことのほか、日本海萩沖及び沖諸島南東海域において、卒業論文データ及び修士論文データ収集のための種々の実験・調査を行うことを目的とする。16時06分、関門航路に入航、東流末期の弱い潮流に逆らいながら、韓国籍のばら積み貨物船を先行させて関門航路を西行する。16時54分、関門航路を出航、18時30分、角島灯台北西方3.2海里沖を航過、萩見島沖の調査実習海域に向け、北北東に針路をとる。23時41分、調査実習海域に到着、萩見島長尾ノ鼻北北東方約4海里沖において漂泊待機する。本日09時40分、航走を開始、10時02分より同海域において表中層トロールの試験操業を実施する。乗船学生、乗組員その他全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 SSE 1
気温 24.7 度 水温 23.8 度
気圧 1011.1 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る