練習船トップページへ
第 24 次航海
2011年 01月 10日 現在地 32.98N/129.42E
内容 昨日14時55分、海洋生産管理学科4年次生25名、海洋機械工学科4年次生34名、海洋生産管理学科教員1名、名古屋大学地球水循環研究センター教員1名、及び36名の乗組員総計97名を乗船させ、下関港を出港する。本航海は、東シナ海域における両科学生に対する航海・運用・機関の実習を目的とする他、対馬海峡東水道における海底設置架台(TRM)設置状況確認のための海底地形調査を目的とする。15時04分、岸壁で見送る人々にしばしの別れを告げる長音一声を発し関門航路に入航、西流末期1ノットの潮流を船尾に受けながら西行する。大瀬戸を抜け、西山沖を北東に進み、竹ノ子島・六連島間を北上、15時47分、関門航路を出航する。大藻路岩沖より響灘を西北西進し、19時01分、沖ノ島灯台の北北東3.0海里沖において調査海域に向首する。20時16分、海底地形探査装置の音速補正のため、XCTDによる海洋環境観測を実施、20時26分、補助推進電動機(電気推進)による推進に切り換え、22時18分より対馬海峡東水道における海底設置架台(TRM)設置状況確認のための海底地形調査(定線航走)を開始する。本日05時04分、同調査を終了、05時17分より主機関による推進に切り換え、鹿児島港に向け航走を開始する。乗船学生、乗組員その他全員異状なし。
天候 c 曇り 風向風力 NW 4
気温 5,0 度 水温 15,2 度
気圧 1022,4 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る