練習船トップページへ
第 29 次航海
2011年 12月 13日 現在地 14-45S/112-56E
内容 昨日第3回目のマグロ延縄実習を実施した。海山上に東西に漁具を仕掛けた。揚げ縄作業が終盤にさしかかったところで、ボンデン(浮子)見張り学生が「前方で魚が暴れています。」の大声が聞こえた。水平線より少し下方に目をやると、白い水しぶきが上がっているのが確認された。針に掛かっているか不明であるが、銛を用意し、幹縄を慎重に巻き上げて行くと枝縄が緊張してピンと張った状態で上がってきた。真っ青に煌めく水面下から真っ黒い魚影が次第に浮き上がってきた。船橋当直学生が「カジキ!!」と叫んだ。慎重にたぐり寄せ銛を打ち込み、船尾でフックを掛け滑車に通して、学生達が引っ張り上げた。船内に取り込み測定したところ、全長374cm、重量245kgのシロカジキであった。この付近魚体は大きいが、なかなか漁獲本数が上がらない。学生達はカジキと記念撮影を行っていた。
学生及び乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 SSE 4
気温 27.9 度 水温 29.5 度
気圧 1008.1 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る