練習船トップページへ
第 35 次航海
2012年 11月 19日 現在地 06-56N/121-51E
内容 ミンドロ島、レイテ島及びミンダナオ島西方海域を順調に南下航行した。
09時19分フィリピンコーストガード(以下「フィリピンCG」という。)と国際無線電話(以下「VHF」という。)にて、本日のミンダナオ島ザンボアンガとバシリアン島との間のバシリアン海峡通峡時の護衛について交信した。
10時36分フィリピンCG艦番号3009と会合本船の護衛を開始、同海峡を東航した。
海峡通狭中、本船航海当直見張り員が漂流者発見。直ちに巡視船に連絡したところ、13時15分ころ、漂流者を救助、本船は単独航行できる旨を連絡したところ、巡視船3009は病院に急行した。
本船は順調に同海峡を航行、夕刻には通過する予定。
学生及び乗組員全員異状なし。
天候 r 雨 風向風力 WNW 2
気温 27.1 度 水温 27.8 度
気圧 1009.5 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る