練習船トップページへ
第 38 次航海
2013年 04月 21日 現在地 35-09N/132-22E
内容  昨日14時51分、海洋機械工学科2年生43名、海洋機械工学科教員2名及び乗組員35名総計80名を乗船させ、下関港を出港した。
本航海は、練習船による実習体験を通して規律ある団体生活に適応できるようになるとともに、海や船に興味と親近感を抱かさせること、また、船舶運航、機関操作及び当直勤務の役割を理解し、その重要性を学習すること
並びに実習期間中に海洋・水産関連施設の見学を行うことを目的としている。
雨の中、岸壁で見送る人々に別れを告げる長音一声を発し関門航路へ入航、その後同航路を東航出航後、周防灘を東へ進んだ。
海上は雨模様ではあったが、海況は平穏、初乗船の学生も船酔いすることもなく全員元気であった。
10時32分愛媛県中島と怒和島間のクダコ水道を航過、広島港へ向首した。
14時15分、広島港宇品外防ふ頭5号岸壁に左舷着岸した。
乗船学生、乗組員その他全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 N 5
気温 12.6 度 水温 12.8 度
気圧 1016.8 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る