練習船トップページへ
第 39 次航海
2013年 05月 28日 現在地 32-52 N/135-35 E
内容 東風が強吹する中、昨日11時55分、下関港を出港した。
本航海は、専攻科船舶運航課程学生22名及び専攻科舶用機関課程学生28名、計50名を乗船させ、航海・運用・機関の実習を行うことを目的としている。寄港地として高知港に入港する予定。
また海洋調査として、天皇海山の海底地形調査も併せて実施する。
12時05分、関門航路に入航、豊後水道に向け東航した。
17時48分、佐田岬灯台を航過、速吸瀬戸を南下航行した。豊後水道を南下するにつれ、高気圧後面から吹き出す、15メートルを超す南東風の影響で、船体は大きくピッチングをした。
本日01時06分、足摺岬灯台を航過、一路天皇海山列光孝海山に向首した。
乗船学生及び乗組員全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 SE 6
気温 22.6 度 水温 22.7 度
気圧 1018.9 hPa 海況 6 波がかなり高い
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る