練習船トップページへ
第 61 次航海
2016年 10月 24日 現在地 31-05.2N/129-48.9E
内容 昨日は、前線を伴った低気圧と大陸にある高気圧の影響を受け、気圧傾度が急になり、
関門海峡西口を抜けた頃より、次第に風が強まり、時折、20m/sを超える強風が吹き、
響灘は大時化の状態となりました。当初、五島列島の西方沖を南下する予定でしたが、
強風域を避け、急遽、平戸島西方から天草沖を経由し、甑島海峡を抜ける航路としま
した。

本日10時頃、鹿児島県野間岬沖にて、これから帰港する豊潮丸(広島大学)に会合し、
「UW]を掲揚して、互いの航海の安全を願いました。

実習生は、出港直後から早くも船酔いの洗礼を受けましたが、本日正午現在、風も弱
まり、平穏な海上を順調に航行中です。

実習生・乗組員、全員異状ありません。
天候 bc 風向風力 NE 2
気温 23.5 度 水温 25.5 度
気圧 1014.5 hPa 海況 2
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る