主な仕事内容
 
 
 水産大学校は、農林水産省を主務省とする『水産業を担う人材の育成』を目的
  とした、4年制の高等教育機関です(この他に、専攻科、水産学研究科もあり
  ます)。
 
 役職員は、理事長以下、一般職員(学校運営全般を担当)、教育職員(学生教
  育を担当)、海事職員(2隻の練習船の乗組員で世界の海をまたにかけている)
  で構成されています。
 
 そのうち、一般職員は、学生生活のサポート・就職指導・学籍管理部門(学
  生部)、学校運営の企画立案・業務評価部門(企画情報部)、 経理・職員管理
  部門(総務部)、学生の実習・練習船の運航管理部門(実習教育センター)を
  担当しています。
 
 教育機関なので、仕事の魅力は、なんといっても「人とのふれあい」の面白さ
  です。
 
 学生への専門教育は教員が厳しく行い、一方、充実した学生生活のためのサポ
  ート部門ではハートフルな雰囲気でいろいろなアドバイスをしたり、ひろ〜い
  グラウンドや体育館などのスポーツ施設で共に汗を流し、図書館、コミュニティ
  ホールではやすらぎのひとときを・・・・。
 
 国際交流もあるので、外国の研修員の姿もあります。(ボディランゲージを駆使
  してます!)
 
 1,000人近い学生と、約200人の職員とで、若い熱気がいっぱいの職場です!
 
先輩からのメッセージ
 
 
    こんにちは。私は、昨年度から水産大学校事務職員として企画情
   報部企画課で勤務しています。仕事内容は非常に様々で、主に広
   報関係の仕事をしております。本校が展示会のようなイベントに出展
   する際の事前手続きや会期中の補助、ホームページの更新などを行
   っています。昨年は、1年目の自分にとって、ほぼ全ての仕事が新し
   い発見でしたが、やりがいのある職場だと感じています。仕事内容が
 分からず悩むこともありますが、上司・先輩方のアドバイスに何度も助
 けられ、失敗は次に活かそうという心意気で仕事に取り組んでいます。
  私の仕事の魅力は、教員と関わる機会が多いことです。そのため、水産関係の専門的
 なお話や、その教員だけが知っている本校の歴史などを聴くことができます。それは、事
 務室内の仕事だけでは学ぶことのできない知識となり、様々な方への対応の際にとても
 役立っています。
  また、水産大学校の環境的な魅力は、自然が豊かなところです。海が近く、大学付近の
 桟橋から 魚やその他水生生物を見ることができます。しかも、夏には付近の海で泳ぐこ
 とも可能です。
  さらに、大学が山と隣接しており、タヌキなどのほ乳類を見ることもできます。
  自然が好きな人、船が好きな人はもちろん、そうでないという方でも、新たな魅力を発掘
 できる職場だと思いますので、是非、私たちと一緒に働きましょう!
 
                         (U種、行政中国、平成22年採用)
 
                                前 へ 戻 る