主な仕事の内容
 
 
 ☆ 水産大学校は、農林水産省を主務省とする『水産業を担う人材の育成』を目的と
  した、4年制の高等教育機関です(この他に、専攻科、水産学研究科もあります)。
 
 ☆ 役職員は、理事長以下、一般職員(学校運営全般を担当)、教育職員(学生教育を
  担当)、海事職員(2隻の練習船の乗組員で世界の海をまたにかけている)で構成さ
  れています。
 
 ☆ そのうち、一般職員は、学生生活のサポート、就職指導や学籍管理部門(学生部)、
  学校運営の企画立案・業務評価部門(企画情報部)、 経理・職員管理部門(総務部)、
  学生の実習・練習船の運航管理部門(実習教育センター)を担当しています。
 
 ☆ 教育機関なので、仕事の魅力は、なんといっても「人とのふれあい」の面白さです。
 
 ☆ 学生への専門教育は教員が厳しく行い、一方、充実した学生生活のためのサポー
  ト部門では、ハートフルな雰囲気でいろいろなアドバイスをしたり、ひろ〜いグラ
  ウンドや体育館などのスポーツ施設で共に汗を流し、図書館、コミュニティーホー
  ルではやすらぎのひとときを……。
 
 ☆ 国際交流もあるので、外国の研修員の姿もあります。(ボディランゲージを駆使し
  ています!)
 
 ☆ 1,000人近い学生と、約200人の職員とで、若い熱気がいっぱいの職場です!
 

先輩からのメッセージ
 
 こんにちは!今年の4月から水産大学校企画課企画係として勤務している高村と申し
ます。企画課は、水産大学校の業務全体に関わる仕事が多く、水産大学校全体を見渡せ
る職場です。また、企画課は外部との窓口にもなっており、国内外の教育機関、マスコ
ミ関係、一般の方々など幅広い人たちと接する機会が多いことも特徴です。私はその中で、
ホームページの更新作業や、外部機関との共同研究等についての契約書の作成等、様々
な業務を行っています。
 私はまだ就職して日が浅く、まだまだ未熟で分からないことが多くありますが、上司・
先輩の方々に助けて頂きながら、一つ一つ出来ることを増やしていこうと努力しています。
 
 水産大学校は職場の雰囲気もおおらかで良いと思います。水産大学校は自然に囲まれ
ていることもあり、職員の方々が木の実を採取してきてジュースを作って持ってこられ
たり、山菜を採られたりと、大自然ならではの職場環境だと感じています。
 もちろん、水産大学校だけに水産関係に詳しい職員の方々も多く、下関で獲られる旬
な魚や、おいしい調理の仕方まで多くの事を教えて下さいます。私は現在、一人暮らし
をしているのですが、自炊をする上で大変参考にさせて頂いています。
 また、昼休みには他の職員の方々とソフトボールなどもしており、他の部署の方の話
が聞けたりなど、大変興味深いです。
 
 皆さんも、水産大学校がどんな所か是非一度、職場訪問して感じてみて下さい。皆さ
んと共に働けることを心より楽しみにしています! 
                      (U種行政・中国、平成24年採用)
 
 
                                 前 へ 戻 る