Information

のイベントや学科内行事、研究情報などを紹介します。

H30年4月10日更新

***************************************

【平成30年度入学生】
 平成30年4月4日に入学式が挙行されました。本学科には、元気な新入生20名が入学しました。珍しいことに今年は新入生がすべて男子学生でした。もちろん女子学生welcomeです。ちなみに学科長をはじめ女性教員の多い(現在4人)学科です。


【平成29年度卒業生の声】
 平成29年度卒業生たちが新しい世界へと旅立っていく際、アンケートに答えてくれました。
みんな、ありがとう!

Q. 印象に残った授業は何ですか?

  • 水産経済・流通調査」:長崎五島列島で、現場に近いところで水産業を学べた
  • 乗船実習」「水産経済・流通調査」:学科のみんなと仲良くなるきっかけができた
  • 乗船実習」:船の上での生活はめったにできない
  • 乗船実習」:船の上での生活の厳しさ、団体行動を学んだ
  • 水産物調理実習」(現在の「水産物フードシステム実習」):唐戸市場の見学や調理師さんの指導のもと実習を   行ったことで水産業の流通から消費まで学べたこと
  • 水産経営分析論」:経営分析の考え方が面白かった

Q. 大学生活で印象に残ったことは何ですか?

  • 卒業論文制作
  • 五島列島での実習
  • 寮生活
  • 部活での全国大会出場
  • 学園祭実行委員会としての活動

Q. この学科の良いところは何だと思いますか?

  • 他学科の学問への垣根が近い。ゆえに幅広く学べる
  • 学生が少なく、先生方のご指導が受けられる
  • 漁業経営体の現実などに近づける
  • 人数が少なく、分野が広い
  • 教員、学生同士の距離が近い
  • 来るもの拒まずなところ
  • 自由なところ
  • なんでもできるところ


【卒業式のお知らせ】
H29年度卒業式を3月21日に行いました。
参加者の皆様ありがとうございました。


【第3回冷戦とジェンダー研究会「『帝国』の解体とレガシー:ジェンダーの視点から」】
日時:H30年3月27日(火)15:20-17:30
会場:帆船日本丸・横浜みなと博物館 訓練センター会議室(神奈川県横浜市)
司会・討論:吉良貴之(宇都宮共和大学)
研究報告:山本めゆ(JSPS特別研究員PD)、臺丸谷美幸(水産大学校)、岡崎まゆみ(帯広畜産大学)
主催:「冷戦とジェンダー」研究会(代表:臺丸谷)JSPS科研費16K16670助成
問い合わせ先:daimaruya.miyuki★fish-u.ac.jp(★の部分に@をご入力ください)(担当:臺丸谷)


論発表会のお知らせ】(学内向け) new!
H30年2月28日(水)
卒論発表会は無事に終了しました。
参加者の皆様ありがとうございました。


【吉見・ールズ・コレクションの活動が新聞に掲載】
日時:H29年12月9日(土)
水大の女子学生サークル「吉見・ガールズ・コレクション」の活動が朝日新聞に掲載されました。

吉見・ガールズ・コレクション(YGC)とは
SNSを利用して、地域の行事や活動、お店を紹介・発信する町おこしサークル
顧問は当学科の副島久実先生
詳しくはココをクリック!


【就体験記】(学内向け)
日時:H29年12月15日(金)
就職活動を終えた4年生たちが、後輩たちに就のノウハウや必法をレクチャーします。
就職活動への不安や疑問などを先輩に相談してみましょう。


【座談会「族館のおしごと」】
日時:H29年12月6日(水)16:30~
会場:水産大学校 水産情報館大演習室
司会:藤井陽介(水産大学校)
パネリスト:荻本啓介(海響館)、藤井陽介(水産大学校)、田島義士(水産大学校)

プログラム
1. 「水族館とは何か-語源aquarium をめぐって」田島義士(水産大学校)
2. 「水族館のごはん」藤井陽介(水産大学校)
3. 「水族館のしごと」荻本啓介(海響館)
4. 座談会&質問タイム


【大学祭での催し物について】
H29年度、大学祭「燕祭」に合わせて、3つの催し物が行われます。
日時:H29 年10月7日(土)、8日(日)
1. 公開講座テーマ「生き物としてのフグ、食べ物としてのフグ」
2. 保護者懇談会
3. ホームカミング茶話会 ※本学科卒業生・在校生を対象


【オープンキャンパス】
H29年 8月19日(土)、20日(日)オープンキャンパスが行われます。
詳細情報はココをクリック
水大生のキャンパスライフを体験してみませんか。


【保護者懇談会】
H29年6月6日(火)保護者懇談会が行われます。
奮ってご参加ください。

******************************

☞ Home に戻る