山口県沿岸に多量出現したクラゲ類について

 

上野俊士郎(水産大学校)

 

キーワード:クラゲ類,大量発生,対馬海流,漂着,水温,風

 

 


1.はじめに

クラゲ類はゼラチン質の柔軟な体をもつ大型動物プランクトンの総称であり,刺胞動物,有櫛動物,軟体動物,苔虫動物,及び脊索動物の5門が知られている。山口県沿岸には,特に黒潮域に生息する生物を含めた多種のクラゲ類が時に多量に出現する。

今回は,過去10年間余りに山口県沿岸に多量に出現したクラゲ類について纏めるとともに,その出現と環境との関係について言及した。

2.出現種

 17種のクラゲ類が多量出現した。このうち,外洋性種が10種と2/3近くを占め,沿岸性種の3種を大きく上回って出現した。また,暖海性または熱帯性のクラゲ類が12種と非常に高い割合を占めていた。明らかに出現傾向が沿岸性のものは,熱帯性のタコクラゲと暖海性のアンドンクラゲであった。寒海性のものは出現しなかった。

また,17種中でわずか1種のカラカサクラゲが瀬戸内海側で出現し,残りの16種はすべて日本海側で出現した。

これら多量出現したクラゲ類のうちで,アンドンクラゲは毎年お盆前後から多量に出現し海水浴場での所謂「電気クラゲ」の原因生物である。また,アカクラゲも毎年5,6月に沿岸域に多量に出現し,海士漁師に刺傷事故を起こす。昨年はエチゼンクラゲが定置網などに多数混入して漁業操業に支障をきたすなどの被害を与えた。

 

3.水温との関係

 蓋井島沿岸表層水温の1989年から1999年の平均値よりも高水温観測時に,ギンカクラゲ,オキクラゲ,及びオビクラゲが出現した。これらはいずれも黒潮水域に生息する暖海性の生物である。このうち,ギンカクラゲ,オキクラゲとオビクラゲは沿岸域に多量出現した。平均値よりも低水温時に出現した生物は特に見られなかった。

 以上の結果から,下関周辺沿岸域に多量に出現した大型動物プランクトンの多くは黒潮系水により搬入されたものと考えられる。

 

4.風との関係

 クラゲ類の多くが海の表面または表層の生活者であるので,その出現や分布に風が大きく影響する。

 昨年9月16日台風14号が対馬海峡から朝鮮半島に上陸した後の9月下旬以降,大型のエチゼンクラゲが日本海側に多量に出現した。エチゼンクラゲの生息域は朝鮮半島西海岸近海と中国チンタオ付近の黄海と言われている。台風14号が黄海の東を通過したので,黄海では北よりの強風が卓越し,エチゼンクラゲを東シナ海まで南下させ,その後対馬海流が山口県日本海側に搬送したと推察される。


 

 

刺胞動物門                                                                     

ヒドロ虫綱                                                              

   1. Liriope tetraphylla              カラカサクラゲ          外洋性

199310      岩国市沖広島湾(上野 & 満谷, 1994

2. Velella lata                            カツオノカンムリ       熱帯外洋性

   1997     9       日置町二位ヶ浜,油谷町大浜      

3. Porpita pacifica Lesson        ギンカクラゲ              熱帯外洋性

   1995     8       下関市吉母海水浴場 (上野ら,1997a)

       199611 豊北町土井ヶ浜,島根県江津港

       1997     9       日置町二位ヶ浜,油谷町大浜      

4. Agalma okenii                      ヨウラククラゲ              暖海外洋性

   199612 豊浦郡涌田漁港付近                  

立方クラゲ綱

5. Carybdea rastoni                      アンドンクラゲ              暖海沿岸性

   毎年夏〜秋  日本海側沿岸                    

鉢虫綱                                                              

6. Chrysaora melanaster                     アカクラゲ         温帯沿岸性

   毎年5,6月  北浦沿岸

7. Pelagia noctiluca                     オキクラゲ         暖海外洋性

   1999     6       阿武郡奈古 山口県第2栽培漁業センター      

8. Cyanea nozakii                      ユウレイクラゲ              暖海

   20008,9月 日本海側沿岸及び瀬戸内海      

9. Mastigias papua                タコクラゲ         熱帯沿岸性

1995     9       下関市吉見湾                    

10. Stomolophus nomurai                     エチゼンクラゲ              温帯性

1995     9,10月 響灘

2000     9,10月 日本海側沿岸         

有櫛動物門                                                       

有触手綱                                                              

11. Cestum amphitrites                     オビクラゲ         熱帯外洋性

       1999     6       阿武郡奈古 山口県第2栽培漁業センター      

    20011月  北浦沿岸 

  12. Ocyropsis fusca                チョウクラゲ             

    20011月  北浦沿岸 

13. Lampea pancerina                     ヘンゲクラゲ

       2000     5       下関市吉見沿岸〜室津沿岸                    

軟体動物門                                                                     

腹足綱                                                              

14.Carinaria japonica                     ヒメゾウクラゲ              熱帯外洋性

   2000     4       下関市関門海峡                    

15.Pterotrachea hippocampus       チュウガタハダカゾウクラゲ       熱帯外洋性

   1997     4       阿武郡奈古海岸,対馬近海

脊索動物門                                                                     

ウミタル目

16.Dolioletta gegenbauri var. tritonisトリトンウミタル      

   19975  豊浦郡室津漁港                           

サルパ目

17.Salpa fusiformis                     トガリサルパ              熱帯外洋性

       20005  豊浦郡川棚及び室津漁港