(著書)Books
 

1.1996 Coelenterate Biology, Statolith formation and increment inCarybdea rastoni Haacke, 1886 (Scyphozoa:Cubomedusae) :further evidenceo f daily  growth rings and synchronism  with semilunar rhythms.

The National Museum of the Netherlands, p.491-496.

. (今井千文,満谷 淳と共著)

 

2.2003 海のUFOクラゲ 発生・生態・対策

 恒星社厚生閣, 220p

 (安田 徹、足立 文と共著) 

 

(学術論文)Papers

1.1974 海産渦鞭毛藻 Gymnodinium sp.(B.-1)およびExu-viaella sp.(B.U.-1)の生理要求に関する研究  

(修士論文)

広島大学、p.41

 

2.1977 汚濁海域における微量栄養成分の挙動

海と空第53巻,p.111-122.

(米田義昭,松永勝彦,平川和正,簗田満と共著)

 

3.1977 渦鞭毛藻Gymnodinium nelsonii Martin (SF type)の栄養要求 

日本プランクトン学会報第24巻,p.94-98

(岩崎英雄,藤山虎也と共著)

 

4.1980  Diurnal periodicity of the marine diatom Chaetoceros debilis  in turbidimetric continuous culture I. Cell growth and division.

Bulletin of Plankton Society of Japan, 27, p,99-104

(宇野史郎と共著)

 

5.1981 Diurnal perodicity of the marine diatom Chaetoceros debilis in turbidimetriccont12, p.185-192.inuous culture II. Chlorophyll a, carbon, and ade-nosin triphosphate in the cell.  

Bulletin of Plankton Society of Japan, 28, p.103-109. 

(宇野史郎と共著)

 

6.1985a. 小野湖(ダム湖)の集水域と滞留特性

水産大学校研究報告第33巻P185−192

(武居 薫と共著)

 

7.1985b. 浮遊珪藻Skeletonema costatum (Greville) Cleveの増殖に及ぼす塩素量の影響  

日本水産学会誌第51巻, p.1883−1886

(鶴田新生,大貝政治,山田真知子 共著)

 

8.1986八代海における植物プランクトン群落の分布

日本水産学会誌第52巻,p.1947-1955.

(鶴田新生,大貝政治,山田真知子と共著)

 

9. 1987a. 八代海におけるSkeletonema costatumの分布

日本水産学会誌第53巻, p.141-144.

 (鶴田新生・上野俊士郎・大貝政治・山田真知子)

 

10.1987b. 浮遊珪藻Skeletonema costatum (Greville) Cleveの増殖に及ぼす栄養塩類の影響 

日本水産学会誌第53巻, p.145-149.

(鶴田新生・大貝政治・山田真知子と共著)

 

11.1990 日本沿岸における海産珪藻Skeletonema costatum属2種の生活環と分布に関する研究(博士論文)

北海道大学,127p

 

12.1991 日本沿岸における海産珪藻Skeletonema costatum属2種の生活環と分布に関する研究 水産大学校研究報告第40巻, p.23-58

 

13.1992 春季三陸沖暖水塊前線域におけるクロロフィルaと栄養塩類の深層分布 

東北区水産研究所研究報告第54巻、 P.11−22.

(横内 克己,安田 一郎,前川 秀則と共著)

 

14.1993a. On the occurrence of a tropical marine diatom Skeletonema tropicum Cleve in coastal waters of Japan, with some morphological remarks. 

 Bulletin of Plankton Society of Japan, 39, p.97-106.

 

15.1993b. 東シナ海黒潮前線域における植物プランクトン群集の分布

水産大学校研究報告第41巻,p.251-256.

 

16.1994a. Swarming of thecosomatous pteropod Cavolinia uncinata in

the coastal waters of the Tsushima Strait, the western Japan Sea

Bulletin of Plankton Society of Japan, 41, p.121-129

(網尾 勝と共著)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

17.1994b. 1988年夏季,下関市競艇場に発生した光合成細菌による赤潮

水産大学校研究報告第43巻, p.13-16

(満谷 淳,本田清一郎,武居 薫と共著)

 .

18.1994c. Small-scale swarm of a hydrozoan Medusa Liriope tetraphylla in Hiroshima Bay, southern Japan  


Bulletin of Plankton Society of Japan, 41,p.165-166

(満谷 淳と共著)

 

19.1995a. Use of larvalsize, instead of larval stage, to study the ecology of a stomatopod crustacean Oratosquilla oratori 

Fisheries Science, 61, p.165-166.

(浜野龍夫,吉川貴志,林 健一と共著)

 

20.1995b. Seasonal  variability in abandance and composition of zooplankton in the vicinity of the Tsushima Straits, southwestern Japan Sea 

Bulletin of the Japan Sea National Fisheries Research Institute, 45, p.25-38.

(平川和正,河野光久,西濱士郎と共著)

 

21.1995c. Fine growth rings found in statolith of a cubomedusa Cary-bdea rastoni  

Journal of Plankton  Research, 17, p.1381-1384

(今井千文,満谷 淳と共著)

 

22.1996 初冬の山口県油谷町大浜海水浴場に打ちあがったアオイガイの殻サイズ 

水産大学校研究報告第45巻,p.25-27

(河野光久,満谷 淳と共著)

 

23.1997a. Existence of chitinase and β-N-acetylglucosaminidase in several jellyfish  

 Fisheries Science, 63, p.157-158.

(永井 毅,浜田盛承,甲斐徳久,田上保博,永山文男と共著)

  

24.1997b. Comparison of characteristics of β-N-acetylhexosaminidase from moon jellyfish Aurelia aurita with those from otherspecies

Fisheries Science, 63, p.449-452.

 (永井 毅,浜田盛承,甲斐徳久,田上保博,永山文男と共著)

 

25.1997c. Occurrence of arsenobetaine and arsenocholine in microsuspended particles  

Chemosphere, 35,p.2463-2469

(花岡研一,W.Goessler,K.J.Irgolic,貝瀬利一と共著)

 

26.1998a. Enrichment of coastal zooplankton communities by drifting 

zoo-plankton patches from the Kuroshio front 

Marine Ecological Progress Series,170, p.55-65

(野田幹雄,池田 至,上野俊士郎,橋本博明,具島建二)

 

27.1998b. Stranding of Janthina prolon-gata (Caenogastropoda) on Yshimo Beach, Shimonoseki City, Yamaguchi Prefecture, Japan

The Yuriyagai, Journal of the Malacozoological Association of Yamaguchi, 6, p.1-6 

(野田幹雄,網尾 勝と共著)

 

28.1999a. Occurrence of a few organo-arsenicals in jellyfishes

Applied Organometallic Chemistry,13, p.95-99.

(花岡研一,W. Goessler,貝瀬利一 ,大野裕和,中谷有紀子, D.Kuehnelt,C. Schlagenhaufen,K. J. Irgolicと共著)

 

29.1999b.  野外で見られたアンドンクラゲ(立方クラゲ綱,アンドンクラゲ科)の生態的希少例  

 南紀生物,41, p.49-50.

(大石博人,永井宏史,久保田信と共著)

 

30.2000 障害物の明暗がアンドンクラゲの遊泳行動に及ぼす影響

水産大学校研究報告第48巻,p.255-258

(光森心一,野田幹雄,池田 至と共著)

 

31.2001a. Occurrence of Organo-arsenicals in jellyfishes and their mucus 

 Chemosphere, 44(4): 743-749.

(花岡研一,大野裕和,和田奈美子,上野俊士郎,W.Goessler, D.Kuehnelt, C.Schlagenhaufen, 貝瀬敏一,K.J.Irgolic)

 

32.2001b. Some biological notes on Lobatolampea tetragona (Ctenophora:  Lobatolampeidae) in Japan 

  Plankton Biology and Ecology, 48(2), 136- 137.

(佐々木克明,岩永節子,大城直雅,久保田 信と共著)

 

33.2001c. Analysis of algicidal proteins of a diatomlytic marine bacterium Pseudoalteromonas sp. strainA25 by two-dimensional electrophoresis.

Phycologia, 40, 286-291

 (満谷 淳・山崎いづみ・北口博隆・加藤純一・石田祐三郎と共著)

 

34.2003a. The relationship between fine rings in the statolith and growth of the cubomedusa Chiropsalmus quadrigatus (Cnidaria Cubozoa) from Okinawa Island. Japan

Plankton Biology and Ecology 50

  (with Mariko Kawamura, Setsuko Iwanaga, Naomasa Oshiro, Shin Kubota)

 

35.2003b. 栄養強化アルテミア幼生の投与によるアマクサクラゲ幼体の成長効果  

水産大学校研究報告第 p.

(池田 至、藤井直紀,野田幹雄と共著)

 

36.2003c. Growth and life history of the cubomedusa, Carybdea rastoni, 

in the southern Japanese inshore water

Hydrobiologia

(with Yasushi Arimoto and Jun Tezuka)

 

37.2003d. Expansion of geographical distribution of bivalve-inhabiting hydrozoans in the south-western coasts of the Japan Sea

Hydrobiologia

(with Arei Kobayashi, Masato Kawahara and Shin Kubota)

 

 

(その他)

(口頭発表)lectures

1.1993a. 響灘沿岸域におけるアンドンクラゲの生態と生活史

 1993年度日本海洋学会春季大会

(満谷 淳と共同講演)

 

2.1993b.下関市吉見湾における浮遊珪藻 Chaetoceros 属の季節的消長

 平成5年度日本水産学会秋季大会

(浦上さやかと共同講演)

 

3.1994a. 広島湾に出現したカラカサクラゲLiriope tetraphyllaのスウォーム

 1994年度日本海洋学会春季大会

(満谷 淳,武居 薫と共同講演)

 

4.1994b. 12月に瀬戸内海西部海域に発生したThalassiosira diporocyclus

Hasleの赤潮

平成 7年 7月 平成7年度日本水産学会春季大会

(手嶋孝司,滝澤 敬,神薗真人,江藤拓也,佐藤博之,馬場俊典と共同講演)

 

5.1995a. Fine growth rings in the statolith of a cubomedusa

Carybdea rastoni 6th International Conference on Coelenterate Biology, Noordwijkerhout, The Netherlands

 (今井千文,満谷 淳と共同講演)

 

6.1995b.アンドンクラゲ(刺胞動物, 立方クラゲ)の平衡石中に見出された微細輪について 

1995年度日本海洋学会秋季大会

 (今井千文,満谷 淳と共同講演)

 

7.1996a. 太平洋表層の浮遊懸濁物組成とヒ素含有量

 平成8年度日本水産学会秋季大会

 (佐藤 努,花岡研一,長友洪太と共同講演)

 

8.1996b.網目5μでろ過された微細懸濁物におけるひ素化合物

 平成8年度日本水産学会秋季大会

 (花岡研一と共同講演)

 

9.1997a. 1995年8月,下関市吉母海水浴場に漂着した浮標性腹足類のルリガイについて. 

 1997年度日本海洋学会春季大会

(網尾 勝,満谷 淳,安岡 慶と共同講演)

 

10.1997b. 北浦漂着の暖海性大型浮遊生物

平成9年下関古代文化研究会4月例会

 

11.1997c. 計量魚探機によるThalassiosira diporocylus春季ブルームの分布調査 

平成9年度日本水産学会中国・四国支部例会

(中村武史,濱野 明,内田和良,藤石昭生と共同講演)

 

12.1997d. 日本海対馬暖流域における主要大型動物プランクトンの昼夜鉛直分布  

1997年度日本海洋学会秋季大会

(浜野 明,久保田勝彦,鎌野 忠と共同講演)

 

13.1997e. ミズクラゲおよびアンドンクラゲに存在する数種のヒ素化合物

第8回ヒ素シンポジウム

(花岡研一,仲谷有紀子,大野裕和,貝瀬利一,W.Goesler,D.Kuehnelt,K.J.Irgolicと共同講演)

 

14.1997c. 対馬海峡沿岸における暖海性大型動物プランクトンの大量出現について  

1997年度海洋気象学会・日本海洋学会西南支部共催シンポジウム「東シナ海と日本海 −最新の知見と今後の調査研   究への提言−」

 

15.1998a. 飼育水槽壁面の明暗がアンドンクラゲの遊泳行動に及ぼす影響

1998年度日本海洋学会春季大会

(光森心一,藤沢理子と共同講演)

 

16.1998b. アカクラゲ Chrysaora melanasterに存在する有機ヒ素化合物

平成11年度日本水産学会中国・四国支部8月例会

  (大野裕和,花岡研一,W.Goessler,K.J.Irgolic,貝瀬利一と共同講演)

 

17.1999a. 北太平洋混合域における南下期サンマの餌料プランクトンと摂餌生態  

1999年度日本海洋学会春季大会

(濱野 明,今井千文,船戸健次,巽 重夫,冨賀見清彦と共同講演)

 

18. 1999b. 栄養強化アルテミア幼生の投与によるアマクサクラゲ幼体の成長効果  

平成11年度日本水産学会中国・四国支部8月例会

(藤井直紀,池田 至と共同講演)

 

19.2000a. ミズクラゲの平衡石にみられた日齢形質

2000年度日本海洋学会春季大会

(藤井直紀と共著)

 

20.200b. 下関及び周辺沿岸域における大型動物プランクトンの多量出現

2000年度水産海洋学会研究発表大会

(河村真理子と共同講演)

 

21.2000c. クラゲ類大量発生のメカニズムは生活史の解明から−アンドンクラゲの例− 海洋沿岸域の環境変動とクラゲ類の大量発生に関する研究集会

 

22.2001a. 山口県沿岸におけるクラゲ類の大量発生について

第18回水環境フォーラム山口,要旨集p.11-12.

 

23.2001b. 最近のヒクラゲ(刺胞動物:立方クラゲ綱)の出現と若干の生物学的観察 

2001年度日本海洋学会春季大会

(河村真理子,佐々木克明,久保田 信,山口麻美と共同講演)

 

24.2001c. 山口県阿武町奈古筒尾と和歌山県白浜町番所崎の沿岸域で見られたオキクラゲの多数個体の出現

2001年度日本海洋学会秋季大会

(久保田 信,築地新光子,河村真理子,藤井直紀,田名瀬英朋,樫山嘉郎,山本善万,興田喜久男と共同講演)

 

25.2002a. The possibility of detecting the phytoplankton in red tide using a two-frequency quantitative echo sounder 6th ICES Symposium on Acoustics in Fisheries and Aquatic 

Ecology. 10-14 June 2002.Montpellier (France)

(with Takeshi Nakamura, Akira Hamano and Hiroshi Maeda)

 

26.2002b. 沖縄本島におけるハブクラゲの成長と平衡石中の輪紋の関係

  2002年度日本海洋学会秋季大会(北海道、札幌市)

河村真理子(京大・院理・瀬戸臨海)・岩永節子(沖縄衛生環境研)・大城直雅(沖縄衛生環境研)・久保田信(京大・院理・瀬戸臨海)と共同講演

 

27.2003a. Growth and life history of the cubomedusa. Carybdea rastoni in the southen Japanese inshore waters 7th international Conference on Coelenterate Biology. 6-11 July 2003. Lowrence(U.S.A.)

  (with Yasushi Arimoto and Jun Tezuka)

 

28.2003b. Expansion of geographical distribution of bivalve-inhabiting hydrozoans in the southwestern coasts of the Japan Sea  7th International Conference on Coelenterate Biology. 6-11 July 2003. Lowrence(U.S.A.)

    (with Arei Kobayashi, Masato Kawahara and Shin Kbota)

 

29. 2003c. 山口県響灘沿岸域におけるゼラチン質プランクトンの季節的出現

  2003年度日本海洋学秋季大会(長崎市、長崎大学水産学部)

  (河原正人、小林亜玲、河村真理子、久保田信と共同講演)

 

(その他)

(報告書)

1.          1986a. 内湾(八代海)の環境傾度と生物適応,浮遊珪藻Skeletonema

costatum (Greville) Cleveの増殖に及ぼす栄養塩類の影響 

「環境科学」研究報告書 B292-R14-2. p.15-p.24.                        

(鶴田新生,大貝政治,山田真知子と共著)

 

2.1986b. 内湾(八代海)の環境傾度と生物適応,八代海におけるSkeletonema

costatumの分布 「環境科学」研究報告書B292−R14−2. p.25−p.34

(鶴田新生,大貝政治,山田真知子と共著)

 

3.1990 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成元年度報告書 (廿日市市水産振興基金).

 

4.1991廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

 平成2年度報告書 (廿日市市水産振興基金)

 

5.1992 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成3年度報告書 (廿日市市水産振興基金)

 

6.1993 春季金華山沖暖水塊前線域におけるクロロフィルaと栄養塩類の深層分布 

海洋出版,月刊海洋, p.68-p.76. 

(横内克己,安田一郎,前川秀則と共著)

 

7.1993 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

  平成4年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

8.1994 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

  平成5年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

9.1995 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成6年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

10.1996 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成7年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

11.1996 餌料生物調査(プランクトン調査)

平成7年度沿岸域増殖漁場開発調査・試験研究報告書(下関市).

 

12.1997a.南日本沿岸域におけるアンドンクラゲ(刺胞動物門,立方クラゲ綱)の生活史と生態に関する研究  

水産大学校・釜慶大学校研究交流懇談会報告集.

 

13.1997b.廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成8年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

14.1998a.廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成9年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

15.1998b. 混合水域におけるサンマ仔稚魚及び初期餌料プランクトンの捕食・被捕食関係の解明 .平成9年度一般別枠研究「太平洋沖合域における環境変動が漁業資源に及ぼす影響の解明」研究報告(農林水産技術会議事務局)

(濱野 明,今井千文と共著)

 

16.1999a. 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成10年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

17.1999b. 混合水域におけるサンマの摂餌生態と餌料環境の解明

  平成10年度一般別枠研究「太平洋沖合域における環境変動が漁業資源に及ぼす影響の解明」研究報告(農林水産技術会議事務局)

(濱野 明,今井千文と共著)

 

18.1999c. 有害動物プランクトン 

うみうし通信,24, p.9-11. (財団法人水産無脊椎動物研究所)

 

19.1999d. アンドンクラゲの平衡石にみられた日成長輪

うみうし通信,25, p.2-3.(財団法人水産無脊椎動物研究所)

 

20.2000a. 混合水域におけるサンマの摂餌生態と餌料環境の解明

平成11年度現場即応研究「太平洋沖合域における環境変動が漁業資源に及ぼす影響の解明」研究報告(農林水産技術会議事務局)

(濱野 明,今井千文と共著)

 

21.2000b. 水道原水に漂うプランクトン 生きている宝石たち

Water Talk 水の情報誌,vol.13, p.12-13.

 

22.2001・3 廿日市市地先及び周辺のカキ養殖漁場の植物プランクトンについて

平成12年度報告書(廿日市市水産振興基金).

 

23.2001a. 海のプランクトン −関門海峡の縁の下の力持− 

しものせき水族館「海響館」オープンラボ4月,5月テキスト

 

24.2001b. 海に浮かぶミニ風船 ヤコウチュウ

しものせき水族館「海響館」オープンラボ5月テキスト

 

25.2001c. ミズクラゲとマミズクラゲ −海と池のクラゲたち−

しものせき水族館「海響館」オープンラボ9月テキスト

 

26.2001d.下関沿岸に出現するクラゲ達

しものせき水族館「海響館」オープンラボ10月テキスト

BACK